私の作る酵素たっぷりスムージーの作り方

最近スムージーが流行っていて、売っているお店も出てきましたね。でも、やっぱり割高です。また、自分で作った方が、自分だけの目的にあったスムージーを作れて、なおかつ自分の好みに味付けできるので、みなさんもご自身で作ることをお勧めします。

流行っているだけあって、やっぱり効果はあると思います。特に忙しいかと思いますが、朝から飲むのが効果的です。朝からでもすぐ作れるようなヒントも書きますので、良かったら読んで下さい。

私のお勧めするスムージーのレシピ

私のスムージーは、酵素や食物繊維を効率的に摂取することを第一に考え、美味しさは二番目に考えています。なぜなら、美味しさだけを考えるならば、どうしてもフルーツだけのジュースの方が美味しいからです。

だから、今回は野菜たっぷりの酵素スムージーを紹介しますね。

今回はダイエットや健康を主な目的としたものを作ります。美肌やお通じに特化したものを作りたければ、それに応じた野菜を入れて下さいね。

まず材料は、

①酵素や食物繊維の多い、ブロッコリーやトマト、大根、キャベツ、ほうれん草をそれぞれ80gずつ。
②味と酵素を兼ね備えた、キウイ1個(約80g)。
③善玉菌いっぱいのヨーグルト100gです。なお、①~③まで全て下ごしらえした後、凍らせておいて下さい。

本当は凍らせてから使う分だけ切る方が酵素を失わないので良いのですが、私は毎日その日に作ったものを飲みたいので、先に下ごしらえして小分けして凍らせています。そうすることで、忙しい朝にも飲むことが出来ます。

なぜ毎日新しく作ることにこだわるかというと、スーパーで売っているような野菜ジュースなどと違い、保存料が入っていないのでスムージーは傷みやすく、また、時間を置くことでどうしても酵素を失ってしまうからです。

スムージーの作り方

スムージーは、低速回転のミキサーを使うことをお勧めします。低速回転の方が、酵素が壊れにくいそうです。また、栄養素が身体に吸収されにくいようです。二重苦ですね。お金に余裕がある人は買って下さい。

ただ、低速回転ミキサーは2万円ぐらいして高いので、私のように持っていない人も居るんじゃないでしょうか。持っていない場合は、必ず素材を凍らせて下さい。高速回転ミキサーで熱が発生しても、酵素が壊れにくいからです。

私の場合は、普段摂取しにくい野菜の栄養を余すことなく得られるように、また、のどごしがよくなるように、素材の中で1番細かくするイメージで作っています。

なので、①と③をまず丁寧にミキサーで砕いて下さい。その後、②を加えてミキサーで、キウイがなめらかになる程度に砕いて下さい。味は二の次だと言いましたが、キウイは少し食感が残っていた方が美味しいです。

野菜をミキサー砕くときに、③を混ぜる理由は、先ほど申し上げた熱で酵素が壊れにくくするためです。氷を加えるのもいいでしょうが、味が薄くなるので私は敬遠しています。

スムージーの味やのどごし

キウイの酸味や甘み、そして軽く食感が残っているので、野菜の青臭さはあまり感じないです。

ヨーグルトをつなぎみたいに使ってもいるので、まろやかさも良いと思います。のどごしについては、私はいつも野菜は丁寧に砕いているので、スッキリ飲めます。

美味しさを追求するなら、ほうれん草を減らしたり、果物を増やすことをお勧めします。

このように、自分で作るのって自分で調整できるからいいですよね。だから、私は外食よりも自炊が好きです。もちろんたまに面倒になりますが。

みなさんも想像しているよりも簡単だと思いますし、アレンジ次第であなた独自のスムージーも作れますよ。低速回転ミキサーがなくても、普段料理に使っているミキサーで十分おいしいく健康的なものが作れます。一度お試しあれ。